セフレ掲示板ではどのような出会いが実現できるの?

出会い系サイトは画期的なサイトです。
街コンや婚活イベントなども便利なのですが、そのような限られた枠組みの中では実現できない出会いも、出会い系サイトならものにできます。
例えば、セフレ掲示板。
名前のとおりと言えばそれまでですけれど、これ、具体的にどんな出会いを実現するためのサイトだと思いますか。
そう、セフレを探すんです。
信じられないことに、出会い系サイトを利用すればそんなことができてしまうのです。
私も半信半疑でした。
そんな、このご時世は就職活動だけでなく婚活も厳しいのに、まさかセフレを探すだなんて。
そんなことができるわけない、はっきりそう決めつけていました。

そんな私がどうしてセフレ掲示板にのめり込むことになったのか。
きっかけを問われると答えづらいのですが、やっぱり、少し前まで付き合っていた恋人と上手くいかなかった……ということが大きいのでしょう。
私の方は、彼が大好きでした。
今でも少し未練があります
私の方から振ったわけではありません。突然に別れを告げられたのです。
こっぴどく振られた今でも未練があるわけですから、我ながら少女趣味だと分かっています。
分かりやすく言えば、振られた直後の私はパニックになりました。
だって、処女をささげた相手ですよ?
私は当然、将来的には彼と結婚するものだと思って、それなりに一生懸命働いて、貯金を作っていました。
将来的には子供は何人……なんて、取らぬ狸の皮算用としか言いようのない、淡い将来設計を妄想していました。
それなのに、私が結婚をほのめかす言葉を口にしただけで、彼の態度は硬くなりました。
彼にとって私は、ただの玩具だったのでしょうか。
セックスをしている時に満足させてくれるから、なんとなく別れられずにいただけ?
本気で結婚までは考えていなかった?
彼はさすがに、直接的に私を傷つけるような言葉を選ぶことはしませんでしたが、結婚を前提にしたお付き合いを私が匂わせた途端、急に冷たくなるということは、つまりはそういうことでしょう。
私は本命ではないということなのでしょう。
ルックスが良く、少なくとも表面的には優しい(とそれまでは思えてきた)彼のことです。私でなくても、素敵なお相手がいるのでしょう。
ひょっとしたら、複数。

大失恋をした私は、すっかり自棄になりました。
そういう経緯があって、セフレなどというものを募集し始めたのです。
出会い系サイトを利用すれば、そういうことがいとも簡単にできてしまいます。
性欲は男にしかないと言われることがありますが、それは間違い。
女にだって確かな肉欲はあります。
ついでに言えば、私は同性と比べてもかなり性欲の強い方だと思います。
オナニーに目覚めたのも早かったですし、病的に癖になってしまった時期もありました。
自制するのに苦労したものです。
もともと、一つの物にこだわり始めるととことん突き進む性格が、オナニーにのめり込む一因となっていたのかもしれませんね。

しかしながら、セフレ掲示板をうろついていると、私と同じような悩みを抱える異性がたくさんいることに安堵させられました。
振られて落ち込んでいる人間なんて、私の他にも掃いて捨てるほどいるんです。
実際私は、なかなか素敵なセフレに出会いました。
この世界は、体の相性が良ければやっていけます。
真剣なお付き合いを考えると、さてどうでしょうね?